痛風対策に白井田七がおすすめな理由

痛風とは、身体の中に尿酸が異常に蓄積されることで起こる病気です。その症状としては、痛風発作と呼ばれる激しい関節痛が起こります。この痛みは、よく「風が吹いただけで痛みが走る」というほど辛いものです。

 

また、高血圧や腎臓病などの要因につながりうる病気でもあります。尿酸は、プリン体という身体の細胞の老廃物でできている物質です。通常では、摂取されたプリン体は分解して尿として排出されるのですが、多量に摂取すると排出しきれなくなり、尿酸が血液中に残ったままとなります。尿酸を数値で示したものを尿酸値と言いますが、正常値は3〜mg/dlですが、これが8.5mg/dl以上になると痛風となり、さらに合併症を起こして命に関わる病気になってしまう場合もあります。

 

このような辛い痛みの痛風はよく食事療法で治療や予防が行われますが、「白井田七」というサプリメントを飲むだけで痛風の悩みを解消してくれます。白井田七には、田七人参という薬用人参が使われており、主要成分のサポニンの作用によって、血流をよくして新陳代謝をアップさせます。サポニンには医薬品では効果が得られない血中コレステロールや中性脂肪、善玉コレステロールの上昇や過酸化脂質の低下などの脂質代謝を改善させるのに有効です。また、血液を浄化して体にたまった尿酸を排出する効果が認められています。そのため、ビールなどの飲み過ぎや食生活の乱れ、不規則な生活リズムによって衰えた肝臓機能をサポートして、尿酸を体外へ排出してくれます。また、田七人参には止痛や消腫の効果もあり、激しい痛みや腫れを和らげてくれます。

 

田七人参には、有名な薬用人参である高麗人参の7倍以上もの栄養価が配合されています。痛風になると食事制限をしなければならない、また気を付けていなければ再発してしまうという、辛い治療法ではなく白井田七を1日8粒服用するだけで痛風の発作が起こらなくなります。

 

痛風でお悩みの方は、白井田七で食事制限なく症状を緩和させてみてはいかがでしょうか。